自然と人に優しい GET受圧板

「GET受圧板工法」は、自然との調和をモットーに特殊鋳造を使用したリブ構造の軽量受圧板で、各種永久アンカー、裏込工法 (ざぶとん裏込工法)を併用した法面保護工法です。


概要

GET受圧板とは

「GET受圧板工法」は、自然との調和をモットーに特殊鋳造を使用したリブ構造の軽量受圧板で、各種永久アンカー、裏込工法 (ざぶとん裏込工法)を併用した法面保護工法です。 また、コンクリート製に比べ重量が軽く、高さも低くアンカー工法には限定されず、自由に選択できる特長をもっています。

ざぶとん裏込工法

NETIS登録番号 KT-040008

ざぶとん裏込工法は、受圧板を斜面等に設置する際の裏込工法で、新しく開発した裏込部材である「ざぶとん材」 (多孔質物質を変形可能にな袋に収納した部材) にセメントミルクを充填し、多孔質物質に含浸・保持させ、受圧板と凸凹地盤とを簡単かつ確実に密着させることができる新しい工法です。

ざぶとん裏込工法

特長

GET受圧板の特長

1

受圧板の材料


リサイクル可能で耐食性に優れた球状黒鉛鋳造を採用 。
2

アンカーの角度調整


アンカーの角度調整が可能なテーパーコーンを採用し、受圧板とアンカーとの振り角は0~15度までの範囲で自由に調整ができます。
2

防食


設計上2mmの防食しろを考慮して設計し、標準仕様の受圧板は簡易塗装しています。
2

自然環境に同化


緑化等により受圧板が隠れ目立たなくなります。
2

高強度ネットとの併用が可能


受圧板の下に高強度ネットを敷設することで中抜け崩壊の問題を解消できるので、アンカーピッチを広げた構造も可能です。

規格

GET受圧板規格

 
形状 規格荷重
(kN)
呼び名 受圧面積
(m²)
重量
(kg)
主要寸法A(cm) 主要寸法B(cm)
ポリゴンタイプ 220 GET220P-130 1.30 190 130 13
350 GET350P-130 200 16
500 GET500P-130 230 22
550 GET550P-150 1.76 330 150 24
950 GET950P-170 2.28 480 170 26.5

GET受圧板寸法

KP受圧板寸法